SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

シャンクの原因はフェースの返し過ぎ!曲がりを抑えて飛距離UPする打点の修正法とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●曲がりを抑えて飛距離アップ
アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で数多くのアマチュアゴルファーから高い評価を得ている菅原大地。今回のテーマは、多くのゴルファーが悩む“曲がり”について。どうすれば曲がらない球を打てるようになるのか?曲がりのメカニズムと、曲げない打ち方を教えてもらった。

打点の修正法

『シャンクの原因はフェースの返し過ぎ』

●シャンクのミスを防ぐ
ボールがヒール寄りに当たる人は、手元が身体から離れてボールに向かう傾向があります。また、フェースを返そうとする動きも原因のひとつで、腕をひねるとクラブは身体から離れヒールに当たりやすくなります。

そうならないためにも、手元を真下に下ろすことと、フェースを返し過ぎないことを意識しましょう。

一方、トウ寄りに当たる場合は、ダウンスウィングで手元や左ヒジを横(飛球線方向)に引っ張る傾向が見られます。手でクラブを引きつけるような動きをすると、ヘッドも身体の近くに来てしまいトウ寄りに当たる可能性が高くなります。

これを矯正するには、左腕が張った状態をキープすることが大事です。インパクトで左手がピンと伸びていれば、トウ寄りに当たるミスは防ぐことができます。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー