SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

入射角エラーによる左右の曲がりの抑え方とは!?【菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!】

Text:菅原大地

ドライバーは右肩の上がり過ぎ、アイアンは左肩の上がり過ぎに注意

●入射角のエラーは肩のラインで調整
ドライバーで右に曲がるという場合、スウィング軌道がダウンブローになっているケースがよく見られます。

この問題を解決するには軸を右に傾け、体重も右足にしっかり乗せて構えることが大事。そうすれば球がつかまって、右への曲がりが抑えられます。

一方、アイアンがつかまり過ぎる場合は、アッパーに打ち過ぎていないかどうかをチェック。特にアイアンは、肩に力が入り、左肩が上がってアッパー軌道になることも。こういう場合は、左肩をダラーンと脱力させてからグリップしましょう。

出典:『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』

【書誌情報】
『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』
著者:菅原大地

ゴルフレッスン界の風雲児ともいわれている菅原大地プロ。その秘密は、アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方にあり、自身のYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」の登録者数は36万人超(2021年11月末現在)を数えるほどの大人気ぶりだ。菅原プロの目指すスウィングは「力がなくても飛ばせるスウィング」=最大効率(サイコー)スウィング。効率のいいスウィングの実現が飛距離を伸ばすことにつながるという。本書では、そのスウィング・メカニズムをていねいに解説し、ゴルファー人生最大の飛距離を実現する方法をレッスンする。本書オリジナルのレッスン動画(二次元コード付)とカラー写真によってビジュアル面も充実、わかりやすいテキストを加えた、ゴルファー必読のスウィング・レッスン本である。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内