SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラッシャー上司に要注意!【サイコパスの話】

Text:名越康文

身勝手な上司はサイコパス?

ビジネスマンとして優秀な面もあるサイコパス。傍(はた)から見ている分にはときとして頼りにもなりますが、自分の直属の上司となると話が変わってきます。サイコパスの身勝手さに直接振り回され、下手をすると自分の人生を左右されかねません。

サイコパス上司は、部下に対する思いやりや愛情が欠如しています。自分の成果や「人をコントロールしたい」という欲望が第一優先で、部下はいってみればただの駒。もし「君のためを思って」と言って注意や命令をしたとしても、それは部下のためを思って言っているのではなく、自分の目的のためにそうしたポーズを取っているだけの可能性が高いでしょう。話を鵜呑(うの)みにするのではなく、本当の狙いをよく見極める必要があります。

また、サイコパスは衝動的な行動も特徴。仕事内容とは関係ないことで文句をつけてきたリするようなら、その人はサイコパスの可能性があります。それに対して自分が反論すると、サイコパス上司はいっそう攻撃的になりますので、適度に聞き流す術(すべ)を心得ておきたいものです。

衝動的に行動するという点では、言動に一貫性がないのも特徴のひとつ。最初に言っていたことから発言内容がコロコロ変わることがあります。しかし、それを指摘したりするのは、あまり得策ではありません。サイコパス上司の狙いは他者を制することなので、文句をつけられると逆上する恐れがあります。この場合も、聞き流して適度に距離を取るのがベターといえるでしょう。

出典:『あなたの近くの危険な人物 図解 サイコパスの話』著/名越康文

【書誌情報】
『あなたの近くの危険な人物 図解 サイコパスの話』
著:名越康文

サイコパスとは、犯罪を平然と犯す、平気でウソをつき人を欺き騙すなど「反社会的な人格」を持つ人を指す。感情に乏しく、「共感性」がない「冷徹」な人間で、人を支配したがり、目的のためには手段を選ばないーーそんな人間があなたのまわりにもきっといる!本書は心理学の面に焦点をあて、社会にまぎれ、職場、学校、サークルなどあらゆるコミュニティに、100人に1人の割合で存在すると言われるサイコパスを、よりわかりやすく図解する1冊。