SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アイドルグループはサイコパスにとって天職か?【サイコパスの話】

Text:名越康文

アイドルに必要な能力とサイコパス

テレビや舞台などで華やかに活動するアイドルやタレントたちも、見方を変えるとサイコパスの能力が活かされやすい職種と考えられます。

まず思い浮かぶのが、大勢の観客の前やテレビカメラの前などでも平静でいられること。サイコパスは不安や恐怖を感じにくいため、このような状況でも臆することなく平常心でいられます。「サイコパスの殺人犯は銃で相手を撃つ瞬間のほうが平静時よりむしろ落ち着いている」という研究結果もありますので、もしサイコパスがアイドルなら「ステージに立っているときが一番落ち着いている」という可能性も十分にあります。

また、サイコパスは自分を魅力的に見せることが得意です。可愛い仕草や格好いい振る舞いなど、ファンの憧れる姿を演じるのはお手の物。清楚に見えたり天然さが魅力だったりするアイドルも、それは計算ずくの立ち居振る舞いかもしれません。

このようにサイコパスの割合が多そうなアイドルですが、さらにアイドルグループともなれば「サイコパス同士のせめぎ合い」という構図も見えてきます。他者より上に立ちたい、他者を蹴落として勝ち組になりたいと考えるサイコパスにとって、興奮や充実感を得られる天職かもしれませんね。ただ、このようなサイコパスの混ざったグループは、チームワークが乱れて崩壊しやすくなります。騒動をたびたび起こすグループや人の入れ替わりが激しいグループは、サイコパスがいるのかも……と思って見ると興味深いかもしれません。

【書誌情報】
『あなたの近くの危険な人物 図解 サイコパスの話』
著:名越康文

サイコパスとは、犯罪を平然と犯す、平気でウソをつき人を欺き騙すなど「反社会的な人格」を持つ人を指す。感情に乏しく、「共感性」がない「冷徹」な人間で、人を支配したがり、目的のためには手段を選ばないーーそんな人間があなたのまわりにもきっといる!本書は心理学の面に焦点をあて、社会にまぎれ、職場、学校、サークルなどあらゆるコミュニティに、100人に1人の割合で存在すると言われるサイコパスを、よりわかりやすく図解する1冊。