SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食べていたらダイエットのスタートラインにも立てない食品とは!?【最強の食事】

Text:森拓郎

こんな食品に注意

これを食べたらダイエットのスタートラインにも立てないという、「食品」があります。さまざまな栄養素を覚えるのは面倒、という人は、これらをやめるだけでも大きな一歩です!

●インスタント食品、ファストフード
お湯をそそぐだけのカップ麺、1秒で出てくるハンバーガーなど、安くて手軽ですが、高カロリー・低栄養。だから安価なのです。

●菓子類
菓子、アイスクリーム、パンなど。「菓子パンなら軽いからおにぎりより太らない」といった間違った食品知識は今すぐ捨てて。みな吸収の早い炭水化物のかたまりで、代謝を下げる人工油脂や添加物もたっぷり。

●砂糖入り飲料
砂糖たっぷりの清涼飲料水、アイスティー、アイスコーヒーなど。特に多い果糖ブドウ糖液糖は最も太りやすい肥満の元凶。液体は一番注意が必要。

●マーガリン
人工的に作り出した化学物質、トランス脂肪酸は多様な病気を招く恐れが。マーガリン入りのパンなども控える。食べたいならバター、理想はバターなしでも食べられる全粒粉パン。

【目からウロコ!】スムージーのリスク
多くの人は、テレビや雑誌の特集などで見たり聞いたりした情報を鵜呑みにして、イメージだけでものを選びがち。その中でも内容関係なしに良いイメージを持たれるのがスムージー。実は、飲みやすさを重視すると意外と栄養が偏ることがほとんど。特にお店や市販のものは糖質に傾いていて、リスクのほうが大きいこともよくあります。雰囲気だけで食べ物を選ぶのは控えましょう。

【目からウロコ!】ヘルシー食品に注意
お菓子やカップ麺なら「見るからにカラダに悪そう」ですが、まぎらわしいのが、「ノンカロリー」「レモン10個分の○○」などと書かれている健康食品です。袋を返して原材料名を見てみましょう。主要とされる成分が意外と後ろの方だったり、小麦粉や砂糖が主成分で、香料や旨味成分などの添加物でインパクトのある味付けがされているなど、謳い文句とは一致していないことも多いのです。

【書誌情報】
『運動効果を最大限に引き出す最強の食事』
著者:/森拓郎

運動している人、これから運動をしようとしている人のために、運動効果を最大限に引き出せる最強の食事法を紹介!ダイエット、ボディメイクなど、最短効率でカラダを変えるために必要な栄養素を5大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン)の解説とともにひも解きます。賢く糖質と向き合い、余分な脂質をカットすることで、誰でも簡単にカラダは変わります。「せっかくやるなら効率よく、時間をかけずにダイエットしたい!」という方必見の一冊です。