SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

インパクトエリアでのヘッド操作とは!?

Text:佐久間馨

グリップの握り方を左右別々に説明しました。あのグリップの、とくに右手グリップの「ブラックホール」を思い出してください。両手を密着させたグリップではなく、右手の中に空間(隙間)を設けたグリップです。そのようにグリップすれば、ブラックホールが作れます。この隙間があることで、グリップ部の自由度が上がり、コッキングが起きやすくなります。

そのブラックホールのあるグリップで、球を打ってみてください。「両手の一体感」などと言って、左右の手を密着させたグリップより、はるかに球が打ちやすく、また切れのいいショットを打つことができるでしょう。今度は、ペンを握っていると思って、インパクトエリアで、インサイドからアウトサイドにペン先で斜めの線を描く意識で振ってみてください。インパクトエリアで、自分の意図した通りにクラブヘッドを操作するためには、この動きが必要なのです。

【書誌情報】
『誰でもできるナイスショットの絶対法則』
著者:佐久間馨

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。