SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

コンバートが裏目に!?連続試合出場が1939試合で途絶えた名手とは?【プレイバックプロ野球2018】

2018年4月の検索ワードランク
4位:鳥谷敬

2018年、長年、安定した働きで阪神を支えてきた鳥谷敬も岐路を迎えた。春季キャンプからチーム事情で二塁にコンバートし、開幕戦こそ2番・二塁の座を掴んだが、2戦目は昨年の正二塁手・上本博紀が起用され、さらに西岡剛とも併用。スタメン出場がガクッと減り、波に乗れず、3〜4月は打率・143に低迷した。

結局、18年5月末には連続試合出場が1939試合で途切れることになるが、阪神ファンの怒りの矛先は鳥谷本人ではなく首脳陣へ。毎年のようにコンバートされ、不遇を食う鳥谷に同情の声が寄せられた。また、三塁のポジションを与えたはずの大山悠輔も3〜4月は打率・169と低調な出足。火に油を注ぐ形になってしまった。「鳥谷を使え」と主張するファン、評論家も多く、改めて人気の高さを裏付ける大激論だった。

18年4月の検索ワードランク

※この記事の情報は、2018年12月時点での情報を元に作成しております。
※企業向けにマーケティングやコンサルティング業務を行っている「矢野経済研究所 Xビジネス開発室」。野球の練習に注目したスポーツメディア「スポルアップ」協力の元、独自のリサーチ技術を用
いて、ツイッターやブログによる「つぶやき」、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、グーグル、ヤフーなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。その時点で、ネット上でもっとも注目されているプロ野球選手を導き出しました。

【書誌情報】
『ファンが調べたプロ野球 SNS&検索ワードランキング2018』
データ協力:矢野経済研究所 Xビジネス開発室 刊行:日本文芸社

いま球界で最もバズってるのは誰だ????

プロ野球選手のホントの人気はこれで分かる!!
検索されてこそのスター選手!!
矢野経済研究所 Xビジネス開発室が「プロ野球選手のネット反響度」を独自調査。
ランキングを作成したのが本書だ。

未勝利の投手がネット検索では大躍進????
スーパーエースが検索界ではまさかの無関心????

選手別、球団別、月別などすべてをランキング。
年間総合1位はあの選手!!!!!

ドラフトランキングも作成。
根尾昴VS吉田輝星!! 各チームドラ1のネット検索度は????
そして大阪桐蔭VS金足農。選手権決勝はどう検索された????

大谷翔平の1日ごとのネット検索度まで検証!!
あのサイレントトリートメントの日、ネット、バズり過ぎ!!!!!
球場ランキング、ツイッターフォロワー数ランキング、流行語ランキングなど
プロ野球の何でもかんでもランキング化したこの1冊。

ベイスターズ山崎康晃選手が語るSNS活用法。
ザ・ギース尾関さんのツイッター悲喜こもごも体験記も収録。

オフシーズンは本書を片手にプロ野球を味わいつくそう!!