SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

SNS疲れのイライラを解き放つには「舌」が効果的!

Text:YUKO

SNSが普及して、何もしていないつもりでも、情報が向こう側から歩いてくる時代です。常に誰かとつながっているというのは、ストレス因子が増えることにつながっているようにも思います。人は、集中したり我慢をしたりイライラを感じたりすると、無意識のうちに奥歯をグーッと嚙みしめてしまうもの。実は、あごの関節は骨盤と連動していて、どちらかが緊張状態にあると、どちらかでゆるめようとする働きが起こるのです。

嚙み締めれば嚙み締めるほど、骨盤周辺の筋肉の緊張も高まり、ゆがみは発生しやすい状態になっていきます。つまり、理想の体からかけ離れていってしまうということです。「今、嚙みしめてた!」と気づいたときには、口のなかで舌を上あご(前歯裏の付け根)につけてみてください。上の歯と下の歯の間にスキマができて、自然と嚙みしめが止まるはずです。あごの関節がリラックスできていると、鼻呼吸がラクにできるようになります。小鼻まわりの筋肉がうまく働いてほうれい線の予防にもつながりますし、口角が自然に上がって表情までも明るくなるんですよ。

【書誌情報】
『立ち方を変えたら、体がたちまちキレイになった』
著:YUKO

Instagramでナチュエロボディが人気!万年ダイエッターだった著者が、ヨガを学んで辿り着いた、最高にシンプルで最強のボディメイク。それは、パンパンの太もも、くびれのないウエスト、垂れたお尻、四角いお尻、猫背、メリハリのないラインなど、あらゆる悩みを解決する「立ち方」でした。本書では、実際に著者自身の体を変えた「ターダ・アーサナ」と呼ばれる立ち方を中心に、げっそりやせるためではなく、キレイで色気のあるボディラインの作り方や、女性にとって大切なインナーコントロール、骨盤開閉リズムについて解説。一生「心地のいい体」でいるためのコツをお伝えします。