SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

たんぱく質は圧倒的に脂肪になりにくい理由とは?【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

たんぱく質がダイエットにいい理由

たんぱく質は余分に摂取したときに、ほかの栄養素よりも脂肪に変換されにくいという利点があります。脂質や糖質は体内で消化吸収された後、余剰分は脂肪として溜められ、飢餓や病気、けがなど、いざというときのためのエネルギー源として蓄えられます。

一方、たんぱく質は一部脂肪にも変換されるものの、ほとんどがエネルギー消費されるか、余った分は尿中に排出されます。そのため脂肪になりにくく、逆にいうとたんぱく質を毎食とらなければいけない理由もここにあります。

そしてダイエットの観点から、たんぱく質を積極的にとりたい理由はもうひとつあります。ダイエッターのなかには、食べたばかりなのにすぐお腹が空いて苦しい思いをしたことのある人がいるかもしれません。その原因はもしかしたら、たんぱく質不足にあるかもしれません。

たんぱく質は食欲を抑えるホルモンの分泌に関わっており、食後の満腹感を高めてくれるのです。腹持ちがいいので、空腹感を感じる時間が短く過食を抑える効果もあります。たんぱく質がダイエットに欠かせない理由はここにあるのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。