SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ティモンディ高岸が済美高で学んだシャドーピッチングのコツとは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【フォームを固める】シャドーピッチング

フォームをしっかりと「固める」ためにためしてほしいのがシャドーピッチング。ボールを持たずにくりかえし、投げる動作をおこない、自分のフォームをチェックしよう。

①かまえ→足を上げる
実際にマウンドに立つ自分をイメージして投球動作に入る。

②重心移動→テイクバック
右足(右投手は左足)をふみ出し、テイクバックの形を作る。


③スローイング
ボールを投げるときと同じように腕をふる。

④フォロースルー
ボールをはなす瞬間をしっかりと意識して、最後まで腕をふり切る。


高岸流ワンポイントアドバイス

●1球1球、ていねいに!バッターをイメージしてやってみよう!
シャドーピッチングは、ひとりでも、せまい場所でもできるピッチングの練習法。くりかえしおこなうことで自分のフォームをしっかりと固めることができるよ。ポイントは、1球1球、「自分がマウンドに立ってバッターに向かって投げる」のをイメージすること。やみくもに投げるのではなく、自分のピッチングを確認しながらやってみよう!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内