SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高出身ティモンディ高岸が教えるバットコントロールが身につく「ペッパー」とは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【バットコントロール】ペッパー

短い距離からゆるいボールを投げてもらい、投げた相手に打ち返す練習。バットコントロールが身につくし、試合前などに「目をならす」効果もある。

①近い位置からボールを投げる
すこし近くから、ストライクゾーンをめがけてゆるいボールを投げてあげる。


②ボールをしっかりと打ち返す
バットでボールをしっかりととらえるイメージで、ピッチャーに打球を打ち返す。最初はワンバウンドで相手に返すくらいの打球が◎。


高岸流ワンポイントアドバイス

●当てにいくのではなく、しっかりバットを振ろう
ペッパーをするとき、バッターはどうしてもボールに「当てにいってしまう」ことがある。もちろんフルスイングする必要はないけど、腕だけで当てにいくより、ある程度「ちゃんと振る」イメージを持ったほうが、実はバットには当たりやすい。自分の目の前に打球をバウンドさせるくらいの意識を持つと、うまくいくかもしれないよ!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。