SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高出身ティモンディ前田が教える捕球しやすいゴロの捕り方とは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【守備の基本】ゴロの捕り方

守備の基本は、まずゴロをしっかりと捕れるようになること。姿勢を低くして、打球から目をはなさずに捕ることがポイントだ。

①中腰でかまえる
腰を軽く落とし、ひざを少し曲げる。バッターを正面に見るようなイメージでかまえる。

②打球の方向に走る
打球が飛んで来たら、ボールから目をはなさないように低い姿勢のまま走り込む。


③打球の正面に入る
なるべく早く打球の正面に入り、腰とグラブを落として捕球の姿勢に入る。

④打球を見て捕球する
打球がグラブに入る瞬間まで、目をはなさずにしっかりと捕球する。


前田流ワンポイントアドバイス

●姿勢はなるべく低く、早く打球の正面に入る!
ゴロを捕るときは、なるべく姿勢を低くしたまま移動しよう。目線が上下にブレてしまうと、ボールをしっかりと捕ることがむずかしくなってしまう。打球の正面に少しでも早く入るのもポイント。正面でボールを捕ることで、たとえボールをはじいてしまってもうしろにそらすリスクもへるし、なにより捕りやすい!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。