SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「ボールをよく見ろ」は氣が散る行為だ!【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

ボールは心眼で見るもの、「ボールをよく見ろ」は氣が散る行為だ

ゴルフレッスンの定番である、「ボールをよく見ろ」「ボールから目をそらすな」についても、先生は疑問を投げかけていました。

というのも球ばかり意識することで、すでに体の中心である臍下丹田にあるべき氣は、体から離れてしまうというのです。〝氣になる〟とはそういうことで、具体的には飛ばしたい、曲げたくない、ピンに近づけたいといった、さまざまな欲や不安を生みます。

それこそがまさに氣が散った状態であり、「氣が散った選手に一流はいない」という先生の持論にもつながります。

だからといって、ボールをまったく見なくてもいい、というわけではありません。実際、アマチュアはスウィング中にヘッドアップすることが多く、インパクトの前にボールを見失ってしまうことが多いため、そのため生まれたレッスンが「球をよく見ろ」でした。

しかし、合氣道では氣を含めた相手の動きを、「心眼」で見るのだそうです。では、心眼とはなにか。それこそが臍下丹田に氣が集まっている状態であり、ゴルフの場合、先生のいう「ヘソとボールを氣で結べ」ということになります。なんだか禅問答のようですが、特に選手が不調に陥ったとき、目を閉じて臍下丹田に集めた氣だけに集中して、ボールを打たせていることもつけ加えておきましょう。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。