SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

小祝さくらプロが飛距離を10ヤード伸ばした“しぼり” 上田桃子プロ、小祝さくらプロのコーチが教える【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

スウィングの回転、ヘッドスピードが速くなる“しぼり”

 “しぼり”というと多くの人は、雑巾しぼりを思い出すでしょう。しかし剣術、野球のバッティング、そしてゴルフスウィングでいう“しぼり”は、握り方からまったく違います。その最大の違いは水の出る方向です。雑巾をしぼれば水は下に落ちますが、スウィング中の“しぼり”は消防ホースのように前に前にと出していくイメージです。小祝さくらプロはこのしぼりで飛距離を10ヤード伸ばしました。

具体的にはインパクトからその直後、右の手のひらと左手甲を、地面に向ける動きです。厳密にいえば向けるのではなく向く、“しぼる”ではなく、勝手に“しぼれる”動きを指します。右手人差し指を立てて、水が前に飛んで行くよう意識し、素振りしてみましょう。

この“しぼり”の動きを身につけるため、私はスポーツタオルの先端を結び、それを選手たちに振らせています。柔らかいタオルだとグリップを強く握ることもありませんし、力任せに振ると上手に振れません。右肩に乗せたタオルを左肩に乗せるつもりで振って、タオルが首に巻きついたとき、その手の動きが“しぼり”だと初めて気がつくのです。

そのためのコツはひじ、特に右ひじの力を抜いて、どれだけ柔らかく使えるかだと思っています。トップでは曲がっている右ひじは、ダウンで徐々に伸び始め、インパクトの直後には真っ直ぐに伸び、そしてしぼれて体に巻き付いていくのです。このようにひじを柔らかく、ムチのように使うことで、スウィングの回転、ヘッドスピードが速くなります。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。