SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

指、手首、前腕がゆがむことで影響を及ぼす日常生活の障害とは!?【痛みのない身体になる究極の整体術】

Text:加賀谷慶太

腕のゆがみは、手を使う生き物の宿命?

指から前腕のゆがみや緊張は、首と同様にパソコンやスマホの普及に伴い増えています。

指、手首、前腕がゆがむことよって、まっ先に思い浮かぶのは腱鞘炎でしょう。デスクワークなどで手や指を多く使う方は、痛みによりパソコンのキーボードを打てなくなったり、ペットボトルのキャップを開けられなくなるなど、日常生活に影響をおよぼします。

前腕は、日頃の生活の中で内旋させて使うことが多く、内側にねじれやすくなります。前腕が内側にねじれると、肩が前に入り猫背になり首が前に出てしまいます。そうすると、首のつけ根や肩に負担がかかり、首痛、肩こり、頭痛などの原因になります。

指・手首・前腕のゆがみを治すと、肩が正しい位置に戻り、胸が自然と開くよい姿勢になるので、肩こり、首痛などの改善、さらに呼吸もしやすくなりカラダがスッキリします。

【書誌情報】
『痛みのない身体になる究極の整体術 1日8分の調整でゆがみが治る!』
著者:加賀谷慶太 東葉コンディショニング整体院 総院長

カラダの痛みや不調の原因は「ゆがみ」。このゆがみを正し、全身のバランスを整えれば、腰痛・関節痛・手足のしびれ・肩こりなどの痛みのない健康的なカラダを手に入れることができます。本書では、どこに行ってもなかなかよくならない人が最後に駆け込む整体院として多くの実績を上げ、患者を救ってきた著者が、独自の施術療法QPR(クイック・ペイン・リリース)法を「自分でできる」ようにアレンジして効果的な41のエクササイズとして紹介。全身および部位別に痛みの解消、予防ができます!