SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

肩と体幹の時間差を作る【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

肩と体幹の時間差を作るのが3次元的な動き

ゴルフスイングには時間差が絶対的に必要ですが、ここも正しい理解が必要です。体とクラブの時間差という表現もできますが、誤解を生む可能性もあるので、より正確には肩と体幹の時間差を意味します。たとえば「肩を回しなさい」と言うと、言われた人は肩と胴体をひとかたまりとして動かしますが、ゴルフスイングにおいてはこういう使い方ではありません。正しくはバックスイングを胸郭から動かし、ダウンスイングも胸郭から動かします。こうすると肩は胸郭より遅れて動き、こういう時間差の使い方ができてくると、体を開かないで打てるようになります。私は「肩を回せ」という表現が一番ゴルフではダメだと思っていて、そう言ってしまうと肩だけを動かそうとしますし、体が開いてまともに当たらないので結局「当てに行く」という動作が発生してしまいます。

ところが胸郭で時間差を作ると、胸が開かないので思い切り叩くことができます。私はゴルフスイングにおける体の動きを「うねる」と表現し、それを体得するために「うねりドリル」をやってもらいますが、この動きとは肩と胸郭が別々に動くということにほかなりません。バックスイングで胸郭が右に動いたときに肩がついていってはいけませんし、ダウンスイングで胸郭が左に動いたときにもやはり肩はついてきてはいけないのです。このように肩と胸郭が別々に動くことを肩と胸郭の分離といい、これができるようになるとスイングは 次元的になり、体の前傾角もキープできるようになります。慣れていないと不自然に感じる動きかもしれませんが、必ずできるようになりますので、まずは仕組みを理解することから始めるといいでしょう。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。