SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右重心のアドレスはスライスになりやすい【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

骨盤の位置をチェック

打つ前からスライスになりそうなアドレスがあります。スライスは体が開いて、スイングが大根切りのようなカット軌道になることで起こります。カット軌道になりそうな人は、ほとんどの場合骨盤が右に寄っています。右手が下になるようにクラブを握るということもあり、骨盤が右に寄っているアマチュアは非常に多いのですが、これは体の中心に対して骨盤が右にズレているということで、これでは物理的に右軸で回転することしかできません。スライスするだけでなく、アイアンショットはひっかけたり、ダフりやすいなどプラスな材料がありませんので、こういうアドレスは修正が必要です。チェック方法のひとつは正面から見たときに、体の中心に対して骨盤が左右対称にあることです。骨盤が右に寄っているのはもちろんのこと、左に寄りすぎるのもよくありません。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。