SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右ヒジを曲げるとクラブの自然な慣性を使える【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

右ヒジのポジションをチェック

アドレスでは右ヒジのポジションが重要です。胸の前でクラブを持ったとき、右ヒジが左ヒジよりも高い位置にきますが、そのままクラブを地面に下ろすと両肩のラインは左を向きます。この状態だとバックスイングが苦しくてできませんので、工夫が必要になります。具体的には右ヒジを内旋してヒジの高さを揃えるのが大事ですが、このときヒジをピンと伸ばすのではなく、必ず少し曲げておきましょう。なぜ右ヒジを曲げるかというと、クラブの自然な慣性を使うためです。自然な慣性を使うためには、そもそもクラブヘッドの重さを自分で感じていなければなりませんが、ヒジが伸びていると感じることができないのです。手で物体の重さを量るときに人間は手を伸ばしません。ヒジを曲げてどのぐらいの重さかを量るわけですが、この重さを感じ取れる状態でそのままアドレスに入れば、クラブの重さを感じながらスイングをすることができます。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。