SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大きな遠心力を発生させられる姿勢を作る【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

首のポジションをチェック

どんなスポーツでも首が据わっている選手は、よいパフォーマンスができるものです。遠心力を発生させて腕や脚、道具にスピードを与えるには頭が残っている必要があるのです。頭が前に出てしまうと大きな遠心力は発生しません。当然ゴルフにも同じことが言え、スイング中に首が据わって、頭が後ろに残っている状態をキープできているアマチュアは、多くありません。特にふだんから、長時間のデスクワークを行っている人などは、そもそも首が据わっていないので、ゴルフスイングで首を後ろに維持することは難しいのです。

それでもアドレスの段階で頭が前に突っ込むことを防ぐことはできます。前傾姿勢をとったときに胸のラインと顔の前面のラインは揃えておきましょう。こうするでアドレスが美しくなり、遠心力を発生させやすくなります。背中のラインに関してはまっすぐになっていることが大切で、反り腰はケガのもとなのでやめましょう。クラブを背中に当てるなどしてチェックしてください。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。