SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

左足下がりは「球筋に応じてボール位置を変える」ワケとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

球筋を明確にイメージしてアドレスを決める

左足下がり斜面からのショットはボールが上がりにくい状況です。

この斜面からの打ち方は、スライス系で攻めるかフック系で攻めるか2つの考え方があり、構え方に応じて球筋が変わることをまず理解してください。

斜面なりに構えると平らなライと考え方は変わらなくなります。ボールを左に置くことができますし、高いボールを打つことも可能です。

ですから砲台グリーンへ打っていく場合などはボールを左に置いて斜面なりにスイングすると、高いフェード系の弾道を打つことができます。

高弾道が必要のない場合では地軸に対してまっすぐ立って打つこともできます。

地面の右側が高いのでボールはやや右に寄せますが、ボールが右に来るとクラブはインサイドからのアタックになるので低めのドローボールになります。

左足下がりはスライスが出やすいと思いがちですが、実は低いドローボールが最も打ちやすい弾道だということを理解し覚えておいてくさい。

結局この斜面では球筋のイメージを明確に持ちつつ構え方を決めることが大切です。

構え方と球筋が違うと、まったく当たらなくなるので気を付けましょう。

斜面なりに構えてボールを右に寄せてしまう人がいますが、これだとクラブが上から鋭角に入るので強烈に低いボールしか出ません。

左足下がり=ボールは右ではないことも頭に入れておいてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内