SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

キープレフト理論でNGな動きとは!?

Text:和田泰朗

ヘッドやフェースの向きに関与するアクションは不要

始動ではフォワードプレスが重要。クラブをヨコに持ち、二点吊り子運動に誘導できます。フォワードプレスするとフェースは開きますが、そのままでOK。 なれれば入れなくてもいいですが、クラブをヨコに持って二点吊り子で振る意識は不可欠です。

バックスイングでは、体を右に回して左肩を水平移動。右腕の上腕部が体側についていること、左肩が下がらないことが条件です。動きやすいようフラットに回る感じです。

また、コッキングやアームローテーションなど、ヘッドやフェースの向きに関与するアクションは基本的にNG。体の前でヨコに寝かせたクラブをノーコックで、体の回転を使って右に移動させます。グリップ側のクラブの延長線が体と重なることはありません(=キープレフト)。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。