SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

理想的なアドレス時の左右の体重配分とは!?

Text:和田泰朗

左右の体重配分は5: 5!左足体重はありえない

アドレス時、左右の体重配分は5:5です。チルトが入ると若干右足にウエイトがかかってきますが、右足体重まではいきません。自分で感じる体重配分はあくまで5:5。というのも、チルトは体重配分とは無関係に行われるものだから。上半身だけ右に倒せばいいのです。

もちろん左足体重はありえません。ボールがつかまらないという理由で、左足体重で打つ方がいらっしゃいますがキープレフトではアウト。上から打ち込みたくなるだけです。

また、地面反力などを使う場合に左足体重を推奨するケースもあるようですが、これもキープレフトでは言語道断。なぜかといえば、一旦左に乗ってから得る地面反力は、振り子運動の落下の助けになるものだから。良きにつけ悪しきにつけキャスティングの助けにはなりますが、回転運動の助けにはなりません。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。