SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

雑誌「野球太郎」が新たにオンラインスクール事業を始動。プロ野球界で長く活躍し続ける人材の育成輩出を目指し「プロ野球選手養成講座・ベーシック編」を開講

イマジニア
イマジニア株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 兼 CEO 澄岡和憲、以下「当社」)が展開する雑誌「野球太郎」では、新たにオンラインスクール事業を開始し、「プロ野球選手養成講座・ベーシック編」を8月9日より開始しますので、お知らせします。なお、本日より事前申し込みの受付を開始します。





「野球太郎」は、1998年に創刊した伝説の野球雑誌「野球小僧」の創刊メンバーが2012年に創刊した野球誌。ドラフト候補選手の詳細情報等を中心に、新しい野球の見方、楽しみ方、観戦スタイルを提案しています。

野球太郎本誌

■プロ野球選手としての経験×研究者の思考から生まれた日本初のオンライン講座
このたび新たに開講します「プロ野球選手養成講座・ベーシック編」では、プロ野球界で長く活躍し続けられる人材の育成輩出を目的とした日本初のオンライン講座です。元プロ野球選手で現在は立正大学准教授を務める西谷尚徳氏を講師として招聘。独自のカリキュラムを本講座に向けて構築しています。スマートフォンとパソコンで動画とテキストから学び、トレーニングを実践、ライブ配信での少人数のグループコーチングなどを通じて講師やスタッフとのコミュニケーションを図ることもできます。


講師プロフィール
西谷尚徳 (元プロ野球選手・立正大学准教授)
埼玉県立鷲宮高校出身。明治大学に進学し、ベストナインを3度受賞し、2004年には日米大学野球のメンバーにも選出。その年のドラフト4巡目で楽天から指名されて入団。1軍でも活躍したが、度重なる故障に苦しみ、2009年に戦力外通告。トライアウトを経て、阪神に育成枠で獲得されたが、翌2010年に再び戦力外となり引退。セカンドキャリアを見据えて現役中から通信制の大学院に通う、異色の存在。

本講座はプロ野球選手を目指している方及びその保護者、指導者を主な対象としていますが、身体能力やプロとして求められる姿勢を育む観点ではプロアマ問わずスポーツ選手全般に通じる内容となっています。

■ベーシック編カリキュラム概要
ベーシック編では、4週間かけて計20のトレーニングを学ぶことでプロを目指すための基礎的な知識と能力を身に付けます。トレーニングの知識定着を図るため、確認テストを毎回掲載。トレーニング記録用の専用用紙や、講義資料をダウンロードできます。トレーニングの疑問点は掲示板にて質問が可能です。特典付きコース限定で、定期的なLIVE講座、グループコーチングを受講できます。





今回提供開始する「ベーシック編」では、基礎的なトレーニング方法を中心に解説していますが、今後、提供予定している「アドバンス編」では、バッティングやピッチングのトレーニング方法についても解説していきます。

■講座概要
講座名称:プロ野球選手養成講座・ベーシック編
開講予定日:8月9日
価格:35,200円(税込)
URL:https://yakyuseminar.online/
※モニター受講特別割引価格:24,800円(税込)
※グループコーチングやLIVE講座等の特典が受けられない特典なしコースも選択可。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ