SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

ZAIKOのNFTマーケットプレイス「Digitama(TM)」にてアメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

ZAIKO株式会社
電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」(https://zaiko.io/)を提供するZAIKO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:Malek Nasser)は、電子チケットを中心にアーティストとファンが直接繋がることができるプラットフォーム(Direct to Fan=D2Fモデル)をコンセプトに、アーティスト・イベント主催者ファーストのサービスを多角的に展開しております。この度、ZAIKOが手がけるNFTマーケットプレイス「Digitama(TM)」(https://digitama.io/)で、アメフトXリーグのオービックシーガルズに所属するバイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行および販売を10月5日(火)より2週間限定で特設ページ(https://digitama.io/digitama-details/1/)にて開始いたします。



「Digitama™」は、ZAIKO独自のNFTサービスです。本サービスを利用することによって、ファンはブロックチェーン台帳を通じてアーティストやアスリート、イベントのデジタルコンテンツを自分だけの物である証明をすることが可能になり、デジタルコンテンツをコレクションしたり、その権利を転売し利益を上げたりと、これまで例がなかった全く新しい価値観で自らのデジタル資産の所有権を持つことができます。

この度、オービックシーガルズに所属するバイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT4種類の発行を開始いたします。販売形式は、4種のNFTから好きなものを色とともに選べる「シングルNFT」と、同じ種類のNFTを色違いで3つ購入できる「NFTパック」、「シングルNFT」に選手のサイン入りTシャツが付いたものの3種となります。また、「Digitama™」ならではのNFTの購入方法として、「Blind Bid(応援投げ銭)」機能も活用いただけます。「Blind Bid(応援投げ銭)」とは、定価で販売するNFTにユーザーが金額をプラスオンして入札できる機能です。入札額が高額なユーザーであるほど発行するNFTに振られるIDの高い数値を手に入れることができます。このように「Digitama™」は、ZAIKOのチケットシステムを応用し、マーチャンダイズ付きや投げ銭機能など自由度の高い設定が可能な仕様となっているため、チームや選手とファンの間により強い繋がりを作ることが可能です。NFTの購入には、ZAIKOアカウントが必要になり、購入されたNFTはZAIKOとアカウントが紐づいた「Digitama™」内で閲覧が可能です。また、2021年12月より、「Digitama™」内でのトレードもできるようになる予定です。

ZAIKOは、引き続き、デジタルプラットフォームを中心とした、アーティスト・主催者ファーストのサービスを多角的に展開し、ライブ・エンターテイメント業界のニューノーマルを今後も牽引してまいります。


NFTとは

NFT(Non-Fungible Tokens)とは、従来では困難であった形のないデジタル化されたコンテンツや、マーチャンダイズの所有権をビットコインのようにブロックチェーン技術を駆使し、コピーできない自分だけのデジタル証明書として発行できる非代替トークンです。これによって所有者は、今まで証明することが難しかった「デジタル資産」を自分だけの物だと証明することが可能になります。既に海外では有名アーティストの動画作品がNFTを利用して販売し、6億以上もの売り上げとなり話題になっております。多くの人々が、アートや珍しい記念品を収集していたように、デジタル資産を所有し、実際の商品と同じように、需要に応じて収集し、大きな価値で転売するなどの現象が起こり人気を博しています。近年では、スポーツコンテンツでのNFTも話題となっており、アメリカのプロスポーツリーグが活用し、数億ドルの取引も行われていることもあり、スポーツビジネス業界においても要注目の分野になっています。


「Digitama™」とは



「Digitama™」(https://digitama.io/)は、DigitalTamashiiの略です。ファンはブロックチェーン台帳を通じ所有者としてアーティストやアスリートのデジタルコンテンツを自分だけの物である証明をすることが可能になり、デジタルコンテンツをコレクションしたり、その権利を転売し利益を上げたりと、これまで例がなかった全く新しい価値観で自らのデジタル資産の所有権を持つことができます。また、ZAIKOのチケットシステムを活用しているため、マーチャンダイズ付きや投げ銭機能など自由度の高いNFT設定が可能な仕様となっているため、チームや選手とファンの間により強い繋がりを作ることが可能です。

【バイロン・ビーティ―Jr.選手NFTについて】
4種のNFTが発行されます。購入するユーザーは発行されるNFTの色(4色から)を選ぶことができます。





【バイロン・ビーティ―Jr.選手NFT販売プラン】
・シングルNFT (4種のNFTから好きなものを色とともに選べます)
4種類を5,000円で各5個販売 = 20個(100,000円)

・NFTパック (同じ種類のNFTを色違いで3つ購入できる)
12,000円で2個販売 = 6個(24,000円)

・シングルNFT+Tシャツ (4種のNFTから好きなものを色とともに選べます)
20,000円で3個販売 = 3個(60,000円)






オービックシーガルズについて



1983年創部の日本社会人アメリカンフットボールXリーグに所属するアメリカンフットボールチーム。2003年に株式会社オービックをメインスポンサーに迎え、「オービックシーガルズ」として現在X1 SUPER (Xリーグのトップリーグ)で活動中。チームDNAとして「ひとりひとりの“本気”でシーガルズを創り、シーガルズの“本気”がみんなを変える」を掲げ、自チーム・フットボール界・社会の変革にチャレンジする。2020シーズンには7シーズンぶりに日本一を獲得。通算8度の日本一と4連覇、9度の社会人日本一と4連覇はすべて、史上最多の記録となっている。


バイロン・ビーティ―Jr.選手コメント



はじめまして!私はオービックシーガルズ所属のBJ Beattyです。
この度はZAIKOと一緒にのNFTを創れたことを嬉しく思います。今回の僕のスタートによって日本のアメフトとNFTの世界がお互いに興味を持ち、広がっていくきっかけになれたらと思います。スポーツの力とテクノロジーの力が混ざることでよりいい働きになると思います。このZAIKOとパートナーで創るものが昔からファンでいてくださる方にも新しく興味をもってくださったファンの皆さんの両方に喜んでいただけたら嬉しいです。


ZAIKOについて

「ZAIKO」(https://zaiko.io/)は、電子チケットを中心にアーティストとファンが直接繋がることができるプラットフォーム(Direct to Fan=D2F モデル)をコンセプトに、アーティスト・イベント主催者ファーストのサービスを多角的に展開している、リアルイベント/ライブ配信どちらにも対応した、今までにない次世代プラットフォームです。2020 年 3 月以降は、新型コロナウイルスにより多くのイベントの中止や延期が起こる中、アーティストなどのイベント事業者の支援を目的とした有料ライブ配信サービス(https://zaiko.io/livestreaming)や新機能の提供をいち早く開始し、エンターテイメント業界のニューノーマルを牽引しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ