SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

「Allbirds」から弾力と推進力に優れたサステナブルなランニングシューズ「Tree Flyer」5月17日(火) 発売

Allbirds合同会社

「Allbirds(オールバーズ)」は、2022年5月17日(火)、サステナブルを追求した新技術搭載のランニングシューズ「Tree Flyer(ツリー フライヤー)」を発売致します。


 「Tree Flyer」は、新開発された弾力性と軽量が特徴なミッドソール「SwiftFoam™」を初めて搭載した、 5kmから10kmのランニングに最も適したシューズです。

 2年以上の歳月をかけ、100近い試作を実施して完成したSwiftFoam™は、原料を余すことなく使い、廃棄物を最小限に抑えるワンステップ・プロセスを実現させた次世代の生産技術です。ミッドソールの約半分をヒマシ油を使ったバイオベースで作ることができ、カーボンフットプリントを従来の工法に比べて20%低く抑えることが可能です。

 またTree Flyerは「same-shoeリサイクルプロセス」も導入しています。これはミッドソールを作る際に出る廃棄物のほぼ100%をヒールカウンターに再利用する方法のこと。米国では廃棄プラスチックのうち、実際にリサイクルされるのは8%程度にとどまると言われていますが、このように廃棄物がいつか生まれ変わることを期待するのではなく、自らの手でリサイクルを完結させることができるようになりました。

【「 Allbirds」共同創業者・共同CEO ティム・ブラウンより】
「Tree Flyerは技術的にも環境的にも真の成果を達成しました。専門知識、勤勉さ、ビジョンの最適の組み合わせにより、イノベーションを生むことが証明されました。私は元プロアスリートでありますので、高品質なシューズが、いかに自分のパフォーマンス向上に役立つかを理解しています。シューズを石油由来のプラスチックで作る必要はありません。Allbirdsは地球にとって本当に良いランニングシューズを作り、同時にランナーのパフォーマスを向上させることを目的に常に前進しています。」


New! Tree Flyer  2022年5月17日(火) 発売



【製品概要】
発売日:2022年5月17日(火)
販売店:Allbirds 原宿、Allbirds 丸の内、Allbirds 大阪、オンラインストア
サイズ展開:22~30cm
カラー:Buoyant Yellow, Natural Black, Lux Beige, Blizzard,
※6月7日(火)発売予定カラー: Buoyant Orange, Cream Hush
重さ:269g(27cm)
かかとからつま先までのドロップ(オフセット): 8.5mm [前足: 22.0mm, ヒール: 30.5mm]
カーボンフットプリント:16.3kg CO2e
価格:21,000円(税込)

【製品特長】
▼ アッパーからソールに至るまで、自然由来素材やリサイクル素材を採用したサステナブル設計
▼ あらゆるコンディションの5~10kmランニングに最適
▼ 革新的な新素材「SwiftFoam™」の採用により、クッション性をキープしつつ269gという、Allbirdsのランニングシューズの中では、史上最軽量を実現。シューズの軽さは関節や脚にかかる負担を軽減し、長距離ランをサポート
▼ 石油ベースのミッドソールフォームよりもカーボンフットプリントを約20%低減
▼ 弾力性と通気性に優れたSwiftFoam™ミッドソールは、従来のSweetFoam(R)よりも反発性が約30%向上し、軽やかに歩幅を拡大
▼ ブランドが得意とするユーカリ繊維を使用したニットを用い、ゾーン構造を採用。足をしっかりとホールドし、パフォーマンスのためのフィットを実現させつつ、通気性と耐久性をさらにアップ
▼ 柔軟性を保ちながら十分なグリップ力を発揮するトラクション設計
▼ 115人以上のランナーが参加し、あらゆるコンディションで約10,000kmのテストを実施した高い信頼性

カーボンフットプリントとは?
カーボンフットプリントとは、製品を作るために排出されたkg CO2eのこと。
あらゆる温室効果ガスの排出量を、CO2の排出量に換算したものです。
「Allbirds」では2020年4月より、全製品においてカーボンフットプリントを表示。製造過程における排出量ゼロを目指すと共に、食品のカロリー表示のように、「地球のためにCO2e排出量を知る」が当たり前の世の中をつくります。
▼詳細はこちら https://allbirds.jp/pages/sustainability


ストア情報

Harajuku Store
ストア名:Allbirds 原宿(オールバーズ原宿)
住 所 :東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル1階
営業時間:11:00 ~ 20:00 不定休

Marunouchi Store
ストア名:Allbirds 丸の内(オールバーズ丸の内)
住 所 :東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階 105区
営業時間:11:00 ~ 19:00 ※金土祝前日は~20:00 不定休

Osaka Store ※~2022年8月31日(水)
ストア名:Allbirds 大阪(オールバーズ大阪)
住 所 :大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館5F
営業時間:11:00 ~ 21:00 不定休

Online Store
URL  :allbirds.jp
送 料  :無料(日本国内のみ)
返品交換 :30日以内であれば無料


一般のお客様からのお問い合わせ先

Tel: 0800-080-4054 (土日祝除く、10:00~17:00)
email: help@allbirds.jp


Our Story




 サッカーの元ニュージーランド代表のティム・ブラウンとバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー。2人の異色のチームにより、2016年にサンフランシスコで誕生したのが「Allbirds(オールバーズ)」です。
大きなロゴや派手なカラー、ケミカルな素材で作られた従来のシューズ製造に疑問を持ち、着目したのが、ティムの母国であるニュージーランドのメリノウールでした。ティムは優れたメリノウールの可能性を信じ、ジョーイとタッグを組み、快適性とサステナビリティ、シンプルなデザイン性を兼ね備えた「Allbirds」が誕生しました。
 代表作である「Wool Runners(ウールランナー)」は最高級メリノウールが柔らかく足を包み込みます。保温性、通気性、防臭性に優れたその快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル、インソールにはヒマシ油、靴底はサトウキビから生まれたSweetfoamを用い、カーボンフットプリント排出量を抑えるといった環境配慮した徹底的なモノ作りを行ってきました。さらには洗濯機で丸洗いできるその利便性が共感を呼びました。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞の受賞経験もあり環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価は世界中に広まっていきました。
 その後も、ユーカリ繊維で作られた通気性と快適さをそなえたメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズ、ズワイガニから防臭性のあるキトサンを抽出したTrinoXOをTシャツに採用するなど、サステナブルで革新的な素材開発を行い、地球環境への負荷を考慮した現代社会に必要とされている商品を世の中に送り出しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内