SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

JDSF BREAKING JAPAN に関するお知らせ

JDSF



【プレスリリース】          2021年7月19日

JDSF BREAKING JAPAN に関するお知らせ
整体×骨盤サロン「カ・ラ・ダ ファクトリーとサポート契約を締結
2021年7月よりブレイキン強化選手10名へのサポートを開始

公益社団法人日本ダンススポーツ連盟 ブレイクダンス本部(以下 JDSF) は、整体×骨盤サロン「カ・ラ・ダ ファクトリー」(以下 カラダファクトリー)などを海外・国内に340店舗以上展開する株式会社ファクトリージャパングループ(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長(CEO):村田 尋一、以下 ファクトリージャパン)とパートナーシップを締結し、2021年度ブレイキン強化選手10名への施術サポートを開始します。



ダンススポーツ競技のブレイキンは、1試合に2ラウンドから4ラウンドをDJの音楽や相手の披露する演技に合わせて臨機応変に対応し、戦わなければなりません。幼少期から競技を始める方も多い一方で、ハードな動きや無理な姿勢が続くこともあることから、早期に体のメンテナンスや不調に気づき対処する必要性があります。
今回のパートナーシップでは、カラダファクトリー独自技術である体幹・バランスを整え、必要な場合には可動域を広げることに適した「A.P.バランス(R)︎」の施術メニューで、日頃から選手のカラダメンテナンスのサポートをすることで、ベストなパフォーマンスの実現、疲労の回復をサポート、さらに競技生活の伸長に役立てるようなパートナーシップを目指していきます。


施術サポート メインFJGスポーツトレーナー プロフィール
橘田有佳(所属:カラダファクトリープレミアム銀座店)
大学では人間健康学部 スポーツ健康学科を学び卒業後、2012年入社。
小・中・高・大学と約16年のソフトボール経験がある。
2012年入社。カラダファクトリー練馬春日町店、荻窪店、調布店を経てその後店長となる。2017年、カラダボディマジックへ異動。2019年2月カラダファクトリープレミアム銀座店へ配属となり現在に至る。2013年よりスポーツセクション入部。骨格調整、オイルトリートメント、小顔、トレーニングなどオールマイティな技術力を持つ。アスリートから信頼してもらえるような関係性を大切にしており、最大のパフォーマンスが発揮できるよう、サポートしていきたいと思っている。

◆日本ダンススポーツ連盟 ブレイキン本部 本部長 石川勝之氏 コメント
我々ブレイクダンス本部が指定する強化選手は全国に選手がおります。私たちにとってカラダファクトリー様とパートナーシップを組めることは、全国に店舗があり選手等の地元でサポートができること、また、他のスポーツ団体へのトレーナー派遣などの実績により経験が豊富であることが大きな利点です。「ブレイキン」という競技はダンスのスタイルが各々異なっており、一人一人の身体のケアの仕方が全く違います。したがって、選手個別に担当のトレーナーを割り振り身体のケアをすることで、選手を取り巻くチームとして選手のサポートを行うことができる様になりました。これから、2024年へ向けて国内外で競技会が増えていきますが、選手等が常にベストなコンディションで試合に挑むために、選手に寄り添ったケアの体制を、チーム一丸となって挑んで行きたいと思っています。

◆日本ダンススポーツ連盟 マーケティング本部 本部長 渡邊マーロック氏 コメント
今回のパートナーシップ締結において、トレーナーさんをはじめマーケティングチームの皆さんとブレイキン強化部が抱える課題点を共有し、一緒にプラン作成を行わせて頂きました。現場ではトレーナーさん達に施術終了後にレポートを作成頂き、選手等への施術内容やコミュニケーションポイント、コンディションなどの内容をウィークリーでアップデートしていただくことで、客観的なデータを定期的に取得することができる様になりました。これらのデータは、コロナ禍におけるオンラインを中心とした強化プログラム実施においては、練習の強度やスケジュール、内容をサポートするために活用させて頂いています。また、トレーナーの皆さんと定期的にコミュニケーションをとることで、ボディケアの話しをしながらメンタルのケアにもつながっております。将来的には、定期的なサポート体制に加え、合宿や競技会へのトレーナー派遣のサポートや、ファクトリージャパングループ社内の行事で選手やスタッフが参加をするなど相互の交流を深めつつ、競技力の向上に努めて行きます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ