SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

高橋聡文が中日時代に別格と感じた岩瀬仁紀の投球の凄さとは!?

中日ドラゴンズでの若手時代、2軍の選手のピッチングには、さほど驚きを感じなかったという高橋聡文。

しかし、1軍のブルペンでは、そのあまりのレベルの違いに驚愕したという。

当時中日ドラゴンズ1軍投手陣には、落合英二、平井正史、大塚晶文と錚々たるメンバーが揃っていた。

その中でも、最も別格だったと高橋聡文が語った伝説的クローザー岩瀬仁紀の投球の凄さとは!?