SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「中継ぎで元気な人はいない」532試合登板の高橋聡文が語る痛みとの戦いとは!?

高橋聡文はプロ入り以来、一軍の公式戦では常に救援で登板。

2017年には史上98人目の500試合登板を達成する等通算531試合で投げ続けた鉄人である。

その現役期間は「痛みとの戦い」であったと語る。

ファンの想像を絶するその痛みとの日々をぜひ見て欲しい。

文字通りの「自分との闘い」を乗り越え、さらに相手打者と対峙しているのが、プロの投手なのである。