SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「空気の作り方が凄い」高橋聡文が語る藤川球児の凄さとは!?

タイガースで一緒に投げた藤川球児を語る高橋聡文。

藤川球児は、2016年にタイガースに復帰すると、62.2イニングに登板し70奪三振。翌年以降も2017年は56.2回で71奪三振。2018年は54.1回で67奪三振。

極めつけは2019年で、56回で83奪三振。

毎年、イニング数をはるかに超える三振を奪っているのだ。

そんな藤川球児の凄さを「キャッチボールが年々向上している」と高橋聡文は語る。そしてブルペンでの貢献の大きさ、空気の作り方も素晴らしかったと語っている。