SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「痛み止めは毎日2-3個」FA移籍後も高橋聡文が投げ続けられた理由とは!?

2016年に阪神タイガースへ移籍した高橋聡文。

その2016年には54試合に登板。20ホールド、防御率3.76.さらに2017年には61試合に登板し20ホールド、防御率1.70と見事な活躍を見せた。

だが、2018年になると成績は下降。左腕の痛みを抱え『ボロボロな体だが抑えてやるぜ!』という、どこか楽しみな気持ちで打者に立ち向かっていたという。

「指の先までダメ」だったという左腕。ドラゴンズ時代の後半には、既に痛みは悪化しており、痛み止めを飲み続けながらの日々。それでも投げ続けたのは高橋聡文の強気な性格があったからなのだ。