SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

高橋聡文が語る谷繁元信と比べてもキャッチング・肩も遜色ない捕手、梅野隆太郎!

阪神タイガースの扇の要、梅野隆太郎。

昨季、2年連続でのゴールデングラブ賞を獲得。昨季の123捕殺はNPB記録だ。

今季もチームの選手会長を務めるなど、文字通りの中心となっている選手だ。

そのキャッチング技術や肩などは、名捕手・谷繁元信と比べても遜色ないと、 中日・阪神で532試合に登板した高橋聡文は語る。

そして坂本誠志郎、原口文仁も能力が高く、片山雄哉のスピリッツも素晴らしいとのこと。

梅野隆太郎という中心選手がいながらも、その座を脅かす選手もまたハイレベルなのだ。