SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ドラフト8位入団ながら通算532試合167HP。高橋聡文が語る「プロで生き抜いた投げ方」とは!?

中日ドラゴンズ、阪神タイガースで中継ぎ投手として活躍した高橋聡文。

2001年にドラフト8巡目指名で中日に入団。1軍デビューは2004年で24試合に登板。22イニングを投げ防御率2.86という成績を挙げている。

以降、ケガに苦しむ年がありながらも、1軍実働16年間のうち12シーズンは20試合以上に登板。

5度の50試合以上登板と、タフネスさと安定感を持ち合わせていた。

通算では532試合登板。167ホールドポイント。防御率3.25という成績を残している。

そんな高橋聡文は「他人と違う投げ方をしている人が活躍する」と語る。

プロの世界では個性が必要なのだ。