SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

西岡剛がロッテ時代に最も興奮した出来事とは!?

伝説の下剋上日本シリーズでの一撃

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスで戦う西岡剛内野手と岡田幸文コーチ。同級生の二人は、2010年、千葉ロッテマリーンズが「下剋上」日本一を遂げた際に、一緒に戦っていた。

「一番の想い出」として千葉ロッテマリーンズで共に戦った西岡剛と岡田幸文が挙げたのは2010年、中日ドラゴンズとの日本シリーズ第7戦の伝説のシーン。

7対7の同点で迎えた延長12回、浅尾拓也投手(中日ドラゴンズ)から、岡田幸文が決勝の三塁打を放ったのだ。

浅尾拓也は2010年にはNPB最高の47ホールドを挙げた当時最高のセットアッパー。2011年にはリーグMVPにも輝いている。

片や岡田幸文は、2010年に初の一軍昇格。守備力が最大の持ち味でシーズン打率は.176。 そんな二人の対決をロッテの面々はどう見ていたのか。

西岡剛は「誰も打てないくらい(凄かった)浅尾拓也投手を相手に、その年一軍に上がった岡田幸文選手が打てるとは、チームもあまり期待していなかった」

「右中間を深々と破った瞬間、全員の目が覚めた。野球人生を振り返っても興奮する出来事だった」と語っている。