SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズルーキー左腕、秋山正雲が、背番号43の先輩・小島和哉から受けた助言【ラブすぽ独占インタビュー】

小島和哉は昨季のチーム勝ち頭

千葉ロッテマリーンズの高卒1年目左腕、秋山正雲。背番号43はチームの先輩である小島和哉から受け継いだものだ。

昨季はチームの勝ち頭(10勝)を挙げ、今季も9月15日時点で21試合128回3分の1イニングを投げ防御率2.81の結果を残している小島和哉は、秋山正雲が目標とする存在である。

「他人の真似ばかりするのではなく、自分は自分だから、自分を大切にすることも必要だ」とアドバイスを受けたそうだ。

また同じく左腕の鈴木昭汰や佐藤奨真とも仲が良く、一緒にランニングをしたり会話もよくしている。左腕同士ライバルでもあるが、互いに参考になる部分も多く、切磋琢磨しているのだ。

取材:2022年8月31日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内