SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

7年目の初本塁打を飛躍のキッカケに。千葉ロッテマリーンズ期待のショート、茶谷健太【ラブすぽ独占インタビュー】

7年目の今季、8月12日にプロ初ホームランを放った茶谷健太選手。育成落ち、チーム移籍などを経て放った一発は、今季の飛躍を予感させるに十分なインパクトだった。一軍定着、レギュラー奪取に挑む期待のショートストップに、初ホームランの感想、今季の飛躍について話を聞いた。

初ホームランを打った瞬間は
「あぁ……レフトフライか」と思いました(笑)

――まずは、プロ初ホームランおめでとうございます! プロ7年目、移籍も経験してようやく出た一本でしたが、率直な思いを聞かせてください。

茶谷 プロ入りから一軍で全く活躍できずにいて、「今年こそ」という思いでいたので、うれしいです。

――打ったのはインコースの少し厳しいボールに見えましたが、どういう意識で打席に立っていたのでしょうか。

茶谷 フルカウントで、追い込まれていましたし、何としてでもランナーを進めなければいけないシチュエーション(※同点の2回表、1死一塁)。その上でずっとインコースを攻められていたので、内寄りのボールは頭に入れて打席に立っていました。

――打った瞬間の感触は?

茶谷 打球がかなり上がったのと、あの日はけっこう逆風だったので正直に言うと「あぁ、レフトフライか……」と思いました(笑)。

――打球が入った瞬間を見たときは?

茶谷 素直にうれしいのと、自分でもビックリしたのと……。とにかく、「うれしい」の一言です。

――「一軍で全く活躍できなかった」という言葉もありましたが、今季は打席数や安打数などでキャリアハイもマーク。特に8月はスタメン出場する機会も多かった。

茶谷 今はもう、試合に「出させてもらっている」という状況なので、そこでなんとかチームに貢献できるようにという思いでやっています。

――「一軍の試合に出る」ことはプロ入りから強く思い続けてきた?

茶谷 もちろんです。「一軍で活躍するんだ」とずっと思いながら6年間やってきました。

――ここまで出場機会が増えた要因を自分ではどう分析していますか?

茶谷 バッティング面に関しては今季、フォームを「イチ」から作り直して、それが良かったのかなと思います。

――「変えなければいけない」という思いはずっとあった?

茶谷 自分の悪い「クセ」みたいなものもありましたし、それは改善しなければいけない。「変えた」ことでそれ(※クセの改善)も自然にできているのかなと思います。

高校の後輩・水上由伸投手(西武)と対戦して、打ちたいです!

――一軍に呼ばれたときというのは、どんな心境で昇格してくるのでしょう。

茶谷 とにかく「やってやるぞ」という思いですね。上がってすぐは結果が出ないこともありましたが、少しずつ数字も残せてきたかなと感じています。

――スタメン出場も増えてきました。

茶谷 試合に「最初から出る」ことはチームの代表じゃないですけど、スタメンで出させてもらっている以上は「なんとかしなきゃいけない」という気持ちはより強くなります。「チームのためになにができるのか」をつねに考えてプレーしています。

――レギュラーシーズンも佳境を迎えつつあります。少ない試合を戦ううえでの「意気込み」を教えてください。

茶谷 本当に「出させてもらっている」という状況なので、そこでなにかを掴んで、良いキッカケにしたいと思います。

――マリーンズファンのみなさんに「プロ野球選手・茶谷健太」のアピールポイントを教えてもらえますか?

茶谷 一番は肩の強さだと思っています。そこは、ファンの方々にも中もして見て頂きたいです。

――ショートと言うポジションにこだわりは?

茶谷 「取れるアウトをしっかり取る」ということは意識していますが、それはショートに限ったことではなくて……。試合に出られるのであれば、どんなポジションでもやるつもりでいます。

――今後、一軍で対戦したい投手は?

茶谷 埼玉西武ライオンズの水上由伸投手は高校時代の1学年後輩なので「勝負したいな」という思いはあります。

――いざ「勝負!」となったら後輩には負けられないですね。

茶谷 はい、打ちたいと思います(笑)。

――ありがとうございます!これからの活躍を楽しみにしています。

取材:2022年8月17日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内