SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズ池田来翔が今季、感じていた手応え【ラブすぽ独占インタビュー】

「調子の波」に苦戦

千葉ロッテマリーンズの背番号00、池田来翔(いけだ・らいと)。22年シーズンにドラフト2位で入団した大型内野手だ。

出身は千葉県。習志野高校から国士舘大学を経て入団。習志野高校では古谷拓郎投手の先輩にあたり、また国士舘大学では髙部瑛斗外野手の後輩であった。

今季一年を振り返り「何もできなかったです」と語る池田来翔。数字を見ると11試合22打席でヒットは2本。打率.091。春先、練習試合では結果も出ていたが、シーズンに入って思うような成績が残せなかった要因として「調子の波があった」という。

「1軍の選手は調子の波が少ない」「どれだけ意識高く同じ練習メニューをやれるかが大事」など、自らの課題を知った池田来翔。一方で慣れてくれば対応できそうな手ごたえも感じているそうだ。

このオフでの鍛錬を通じて成長し、来季の飛躍を期待したい。

取材:2022年9月21日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内