SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズ池田来翔が今季、守備面で感じていた課題【ラブすぽ独占インタビュー】

プロの打球の速さに対応

千葉ロッテマリーンズの22年ドラフト2位入団、池田来翔内野手。「マリーンズジュニア」出身、高校は習志野高校。2年目の飛躍が大きく期待される選手だ。

1年目、守備面で感じた課題を問うと「足が止まってしまうため、足を動かしてボールに入っていく」練習をしているそうだ。アマチュアと違ってプロは打球が早いため、そこを合わせるために日々、鍛錬を重ねている。

今季の1軍出場は11試合。多くの出場は叶わなかったが、来季は「顔と名前を覚えてもらえるよう」頑張りたいと語る池田来翔。習志野高校出身のマリーンズ選手といえば、福浦和也1軍打撃コーチが上がる。2000本安打を放った大先輩のようなプロ野球選手を目指して、来季も戦いは続いていく。

取材:2022年9月21日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内