SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「ホームランも打率も盗塁も」千葉ロッテマリーンズ評価急上昇のドラフト2位・池田来翔!【ラブすぽ独占インタビュー】

Text:花田雪

ドラフト2位ルーキー・池田来翔の評価が急上昇中だ。キャンプ中から練習試合でスタメン出場を果たすと打席でもキッチリと結果を残し、二塁、三塁の守備もしっかりとこなしている。2年連続2位からの優勝を目指すマリーンズにおいて、内野レギュラー争いに名乗りを挙げた22歳の存在感は日ごとに増すばかり。そんな期待のルーキーに、「ラブすぽ」が直撃取材!

「プロ仕様」の打撃フォームで
キャンプから快打を連発!

――春季キャンプを経て、実戦でもしっかりと結果が出ている。プロ1年目とはいえ、手ごたえを感じているのではないでしょうか?

池田 僕自身も現時点では「上出来」だなと感じています。ただ、結果は出ていても内容面でまだまだな部分もあるので、これから先は結果だけでなく質も求めていきたいですね。

――「まだまだ」と感じるのはどんな部分?

池田 ヒットの内容だったり、待っていたボールを1球で仕留めきれなかったり、変化球を見極めきれない打席もあるので、そういう部分を詰めていきたいです。

――とはいえ、練習試合からスタメンで出場してヒットやホームランも記録しています。早い段階からプロにアジャストできているように思えるのですが、その要因はどこにあるのでしょう。

池田 ファーストストライクから積極的に打ちにいくことを実践できているのが一番だと思います。プロに入って相手がどんなピッチャーかもわからないですし、ボールも速いですけど、そこで「振り負けない」ことや「怖がらずに打ちにいく」ことはプロに入ってから今まで以上に意識するようになりました。

――実戦ではプロの速いボールにも、「振り負けず」に強い打球、強いスイングを見せることができている。

池田 自分でも思った以上に打ち返せているという感覚はあります。

――池田選手のスイングを見ていると、軸回転で「ギュンッ!」と打っているように見えるのですが、バッティングで意識していることは?

池田 もともとスタンスが少し広めだったんですけど、それだと回転スピードが上がらないので、プロ入りを機に少しスタンスを狭くしました。それが回転の速さにもつながっているのかなと思います。

――大学時代とはフォームを変えてプロ生活に臨んでいる。

池田 厳密に言うと大学の最後のシーズン、ドラフトが終わった後からです。プロのピッチャーに通用するような打ち方、「プロ仕様」のフォームに変えています。

首の太さはチームナンバーワン!
走攻守揃った「理想の打者」へ!

――池田選手といえば、チームの公式Twitterで「太ももの太さ」が話題になりました。太ももはもちろんですが、首の太さもかなりのモノですよね?

池田 首の太さはたぶん、チームで一番だと思います(笑)。太ももは前に測ったときは63センチくらいだったと思います。

――女性のウエストくらいありますね!体を大きくしたのは大学時代?

池田 はい、大学に入ってからです。ウェートトレーニングはもちろんですけど、それよりも食事をかなり意識しました。体を大きくすることでケガもしにくくなると思いましたし、「大型の内野手」はプロにもあまりいないので、そこで目立てることができればいいなと。

――体を大きくすることのデメリットは感じなかったですか?

池田 ないですね。足も、むしろ速くなりましたし、プラスの方がはるかに多いと感じています。

――「体づくり」は今も続けている?

池田 プロ入り後も引き続きやっています。練習量も大学のころより増えて、少しだけ体重が減っているので、もう少し大きくしたいなと思っています。

――プロの世界には外国人選手も含めて体の大きな選手がたくさんいます。

池田 大学時代は僕がチームで一番大きかったんですけど、プロの選手はみんな大きいからビックリしています(笑)。マリーンズはもちろん、他球団の選手もみんな大きいです。

――大学時代の後半は二塁を守られて、プロでも二塁、もしくは三塁で勝負することになると思いますが、チームには二塁に中村奨吾選手、三塁には同学年の安田尚憲選手といったライバルもいます。

池田 中村奨吾さんも安田も長くプロ野球の世界にいるふたりで、プレーの質の高さを感じます。僕はまだ劣っている部分ばかりですけど、それを刺激にして負けないように頑張りたいです。

――自信があるのは二塁、三塁のどちら?

池田 三塁の経験の方が長いので今はまだ三塁がしっくりくるなという印象です。

――守備の面でプロの違いを感じることはありますか?

池田 打球のスピードですね。芯を食わない打球でも良いスピンのかかった打球が飛んでくるので、そこは大学生とは違うなと感じます。特に三塁を守る上では右打者の引っ張った打球のスピードには驚きました。

――理想の打者像があれば教えてください。

池田 チームの中心であり、右打者でいえばホームランも打てて打率も残せて盗塁も決められる。高い目標ですけど、そこを目指してやっていきたいです。

――プロで対戦したい投手は?

池田 山本由伸さんです。やっぱり、誰に聞いても「凄い」と言うので、打席に立ってどんなボールを投げるのか体感してみたいです。

――改めて、プロ1年目の目標を聞かせてください。

池田 まずは開幕一軍。そこから先のスタメン出場や1年間通して一軍にい続けること。その上で自分に足りないものを見つけられる1年間にしたいと考えています。

――ありがとうございます!1年目からのご活躍、期待しています!

収録:2022年2月22日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内