SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

昨季の得点圏被打率は.219。更なる飛躍を誓う千葉ロッテマリーンズ2年目右腕、河村説人【ラブすぽ独占インタビュー】

先発の方が気持ちは作りやすい

千葉ロッテマリーンズの背番号58、河村説人(かわむら・ときと)。ルーキーイヤーの昨年は20試合に登板。7月以降は先発として4勝を挙げた長身右腕だ。

先発でも中継ぎでも投げやすさ自体は同じだったが、バッターへ向かう気持ちは、先発の方が作りやすかったそうだ。「試合を勝たせる」ことに集中できたことが、一定の成績を上げることにつながったのだろう。

昨季は41回2/3を投げ、防御率3.46。得点圏での被打率は.219としっかり抑えることが出来ており、それが好成績の要因となっている。

河村説人が2年目の飛躍をしっかり遂げることが出来れば、チームが昨季惜しくも達成できなかったリーグ制覇、日本一へと近づけるはずだ。

【ラブすぽ】河村説人投手独占インタビュー
協力:千葉ロッテマリーンズ 22年3月2日実施

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内