SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「完璧は無理でもなるべく100点に」3年目飛躍のロッテマリーンズ俊足外野手、髙部瑛斗【ラブすぽ独占インタビュー】

「出来なかったことばかり覚えています」

千葉ロッテマリーンズの3年目外野手、髙部瑛斗。俊足が大きな持ち味だが、今季は6月21日時点で盗塁数22と、2位の松本剛(北海道日本ハムファイターズ)の16個を引き離してトップに立っている。

好不調も少なく、4月が盗塁数7個、5月が8個、6月が21日時点で7個と安定している。今季、大きく盗塁数を増やせた要因を問うと「昨年までの2年間で投手の癖や、自分なりの場面感が掴め、それを(3年目の)今季に活かせている」と語る。今は、思い切ってスタートを切れているそうだ。

今シーズンここまでを振り返り、印象に残った試合や場面を問うと「良いことはあまり覚えていません。逆にできなかった、良くなかったことばかり覚えています」とのこと。「良くなかったことを、少しでも減らしたい」のだ。

「ミスは本当に繰り返したくない。完璧は無理でもなるべく100点に近づけたい」と髙部瑛斗はあくまで向上を旨としている。

【ラブすぽ】髙部瑛斗選手独占インタビュー
協力:千葉ロッテマリーンズ
22年6月9日実施 インタビュアー=花田雪

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内