SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

昨季登板数5試合から一気にパ・リーグ4位の登板数へと復活!500試合登板目指す千葉ロッテマリーンズ東條大樹!【ラブすぽ独占インタビュー】

本当の自信はまだまだ

千葉ロッテマリーンズの背番号20、東條大樹。今季は春から見事な活躍を見せ、9月28日時点でパーリーグ4位となる57試合に登板。28ホールドで防御率は2.13。キャリアハイと言える活躍を見せた。

2016年のルーキーイヤーから1軍登板を果たした東條大樹は、92試合連続無敗記録を作るなど、毎年チームに貢献し続けた。2019年には58試合登板も果たしている。だが、昨季はわずか5試合登板に留まり、防御率は5.40。不本意なシーズンとなった。その上で迎えた今季だっただけに、しっかり数字を残せたことは「多少の自信に繋がった」そうだ。

「本当の自信はどうしたら付きますか?」と問うと「そうですね。500試合くらい投げたら」と笑いながら答えてくれた東條大樹。これまでの1軍登板数は9月28日時点で193試合。500試合登板へ向けて、頼れるセットアッパーの戦いは続く。

取材:2022年9月15日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内