SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズ7年目内野手、茶谷健太が対戦を望む投手は高校時代の後輩、埼玉西武ライオンズの水上由伸【ラブすぽ独占インタビュー】

後輩には負けられない

千葉ロッテマリーンズの茶谷健太内野手は、今季プロ入り7年目。8月12日にプロ入り初ホームランを放つなど、飛躍のシーズンになっている。

これから対戦してみたい投手の一人として、埼玉西武ライオンズの水上由伸投手の名を挙げた。帝京三高(山梨)時代の1学年後輩だ。水上由伸投手はセットアッパーとして今季既に30試合以上で登板しており、いずれ対戦する機会もあるだろう。その時は後輩には負けられないと「打ちたいなと思います」と語った。

今季残り1か月強、個人としては「1試合でも多く出場してチームに貢献できるように」チーム全体では「勝ち星が一つでも増やせるように」と語った茶谷健太。若き大型内野手のさらなる飛躍に、期待は高まるばかりだ。

取材:2022年8月17日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内