SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

『プロ向きの性格』なドラフト1位候補、152キロ右腕!智弁和歌山・小林樹斗【ドラフト2020】

2020年10月26日に開催されるドラフト会議。

雑誌『がっつり!プロ野球』が誇るライター陣がが注目候補を紹介する。

小林樹斗(智弁和歌山)の甲子園での交流大会での 投げっぷりは、非常にプロ向きだったという話が。 類推でしかないが、点差が開いていたこともあり、 持っている全ての球種を投げていた(ように見えた)のだ。

ストレートは最速152キロ。スライダーやカットボールの変化球もうまく操る。

高校時代は抑えを担うことも多かったが、先発の能力も十分ある。 小林樹斗のプロ入り後の活躍が楽しみだ。

※収録:20年9月18日
「動画内の写真提供:西尾典文(プロアマ野球研究所)」

【ドラフト座談会参加者】
氏原英明:スポーツジャーナリスト。『甲子園という病』著者
西尾典文:スポーツライター。日本一、ドラフト候補を見ている男
菊地高弘:スポーツライター。ドラフト会議ではラジオ解説も務める
花田雪:スポーツライター。座談会司会。『がっつり!プロ野球』創刊時からの編集担当