SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【阪神】1年目から活躍が出来た翌年の2年目、本音では自信満々になってしまうもの!?≪榎田大樹さんオンライントーク≫

マスコミ用に謙遜したコメントは出すけれど…


ルーキーイヤーから62試合に登板した榎田大樹さん。

3勝3敗1セーブ33ホールドという好成績を残して迎えた2年目シーズン。

新たに気を引き締めて臨むのは当然ではあるが、本音では余裕があったりしたのものなのか教えてもらった。

 

2年目シーズンも開幕から連続してホールドポイントが付く投球で調子が良かった。

本音を言うとこの時点では「今年もいけるんじゃないか」という思いはあったとのこと。

これは人として当然の心理だろう。必要以上に卑屈になることもない。

 

しかし、「抑えられている実感はあったけれど、舐めたらダメだという」というのが本音だったと話してくれた。

ビビっているわけではないが、余裕を持ってバッター達を見下せているわけでもない心理状況。

まさに当時のリアルな心境を教えてくれた榎田大樹さんだった。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内