SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

摂津正も江尻慎太郎も経験したブルペンとマウンドでの違いとは!?

ブルペンで調子が良すぎると、逆にマウンドで大炎上を起こすことがあったという江尻慎太郎。

江尻慎太郎は、ストレートで空振りがどんどん獲れる投手ではなかった為、バッターの分析や球場の風向きまでしっかり見て投球をするタイプだった。

摂津正も共感したマウンドでの投球を乱すブルペンで調子が良すぎた時の投手の心境とは!?