SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

中村剛也は「力を抜いて」「フライを打つ」究極のバッター《G.G.佐藤オンライントーク》

中村剛也(通称:おかわり君)

言わずと知れた西武ライオンズのスラッガー。

6度のホームラン王を獲得していて、これは「王貞治:15回」「野村克也:9回」に次ぐ、プロ野球歴代3位の記録だ。


中村剛也は「バッティングは力を抜くのが最も難しい」と言っていたとG.G.佐藤さんは語る。

また、ゴロを打たないように、中村剛也はポップフライを打つ練習をしていたという面白いエピソードも教えてくれた。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー