SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

畠山和洋がエグイと思ったアキレス腱痛の処置方法とは!?

アキレス腱痛との戦いが、13年も続いた畠山和洋。

痛いときには、アキレス腱が通常の倍の太さに腫れあがり。

その腫れた箇所から出血し、そこに膜が張るみたいに乗っかていくので、その処置をしなければ、治りが遅くなるため、治癒を促すための処置を施す。

2016年に、その処置を施したのだが、その内容がエグかったと語る畠山和洋。

畠山和洋も引くぐらいの、アキレス腱の処置方法とは!?