SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

元阪神エース井川慶が感じたメジャーとマイナーのボールの違いとは!?

元阪神タイガースのエース、井川慶。

1997年のドラフト2位で入団した阪神では、2001年に先発ローテーション入りを果たすと、翌2002年から5年連続2ケタ勝利。3度の最多奪三振、2003年には20勝、リーグMVPなど華々しい活躍を見せた。

その井川慶氏がメジャーリーグに挑戦したのが2007年。以降、マイナーリーグでの経験も経たが、その際、当時のメジャーリーグとマイナーリーグでは球が違ったと語る。