SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

足の速いランナーは塁上で「盗塁成功」以外にも大きな仕事をしている!

足が速いランナーは「盗塁すること」だけが武器ではない。

「盗塁するかもしれない」という状況が相手に生まれることで、クイックを急いで投げさせ球威を下げたり、変化球の割合を少なくすることでバッタが「ストレート狙い」をしやすくする効果もあるのだ。

また、ランナーは一歩スタートを切っただけで、ほぼアウトかセーフで分かるという。

なので、遅れたと思ったら盗塁をやめることも必要だと飯田哲也は語る。