SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

巨人の投手は走りやすかった!? 盗塁時、ピッチャーの何を見ていた?《レジェンド外野手・飯田哲也オンライントーク》

巨人の投手は「牽制やクイックに興味なし」の理由とは?

飯田哲也さんが教えてくれる「盗塁時のピッチャーについて」!!


「キャッチャーのサインにうなずく回数」なら2回うなずいたら、それはお互いが納得した状態だという。

「首の角度」や「牽制を入れるとき、ピッチャーは逆にランナーを見ない」などなど。かなりマニアックなテーマですが、知れば知るほど面白い世界! 詳しくは動画をご覧あれ!


また、ジャイアンツのピッチャーは総じて走りやすかったという。

その理由とは?

巨人の投手は投げるボールのレベルが高かったので「バッターを押さえればよい」という意識が強くランナーには意識が薄かったと飯田哲也さんは語ってくれた。